Loading

中之郷プロジェクト

「中之郷」とは

皆さんは「中之郷」という地名を、おじいさんやおばあさんから聞かれたことがあるでしょうか。今はなくなってしまったこの地名、実は昔の村の名前からきているのです。

南境に土岐川、西境に大原川が流れ、東境を長瀬町と隣接する南北に細長く伸びた一帯は、明治時代中頃まで「中之郷村」でした。
合併や編入で豊岡村や多治見町となってからも、「中之郷」という地名は旧中之郷地域の「大字」として使われていました。現在の多治見市の行政区の十二区はほぼ、昔「大字中之郷」と呼ばれた地域にあたります。

「多治見駅前 中之郷ものがたり」より引用

中之郷ビル
2019年6月 完成予定・オープン

1階 カフェ タリーズコーヒー 多治見駅前店
2階 広東料理 原宿 南国酒家 多治見店
3階 貸ホール 「中之郷テラス」

1階 タリーズコーヒー

客席面積
  • 禁煙席 91.81 ㎡
  • 喫煙席 17.57 ㎡
客席数
  • 禁煙席 43 席
  • 喫煙席 11 席

※店舗名、席数については変更する場合がございます。

2階 南国酒家

客席面積 264 ㎡(全面積 280㎡)
座席数
  • 10名大個室 1室
  • 6名中個室 3室
  • 2名テーブル 10個
  • 5名サークルベンチ 2個
  • 4名サークルベンチ 1個
  • 4名ボックスベンチ 2個
    (計 70席)

※店舗名、席数については変更する場合がございます。

3階 中之郷テラス

面積 262 ㎡
100名程度の会議、集会、パーティーが実施可能

PAGE TOP